団地シンプル

〜シンプルに生きたいシンプルじゃない人のブログ〜団地で子育て中の専業主婦。自分が暮らしやすい生活を目指しています。4歳の男の子と1歳の女の子育児奮闘中です。

子どもたちが、ごはん食べなくてもへこたれないで!


息子(4歳)娘(1歳半)のごはんが苦痛

こんにちは、夕飯作りたくないすみこです。

息子と娘、3人だけの夕飯、苦痛です。

何が苦痛かというと、

メインのおかず食べない!

肉料理になると全捨ての勢いです。

息子はハンバーグもダメ、唐揚げも最近食べてくれない。

コロッケもダメ、焼き魚にいたっては全捨てですね。

全部食べてくれるのは、エビフライと刺身くらいです。

娘は、メインのおかずに目もくれず、

お味噌汁とごはん命です。

おかずはぐちゃぐちゃにして終わり。


本当に

声を大にして言いたい!!


ちなみに、幼稚園でも外出先でも2人ともよく食べるんです。

いえで食べる時だけなんです!

そんな中でみいだした、一筋の希望。

おかず食べないなら、

おかず出さなくてもいいんじゃない!?

今まで、子ども用のおかずをちまちま作っていたんですよね。

盛り付け可愛くしてみたり、

小さいハンバーグ作ってみたり、

その度に、捨てる羽目になって、

『つらい悲しい』でも食べさせるのも気力がいるという

負のループ。

夕飯は負のループに、よくおちいります。



少しでも食べてもらいたくて、色々と試してみました。

子ども用のおかずは作らずに、

大人用を多めに作り、

子どもたちとシェアする作戦にしました。

そして、1番子どもたちのテンションが上がったおかずは、

ステーキ!!



そりゃぁそうでしょっていう声が聞こえてきそうですが、

息子も娘も、肉好きじゃないんですよ。まじで。

食べないのに、大きな肉にテンションが上がり、

甘めのタレ(玉ねぎドレッシングとスガキヤのだしつゆ)にしたら、

なお食欲があがったらしく凄い勢いで食べました。

ステーキこそ、みんなでワイワイ言いながら食べられるメニューでした。

あの夕食は楽しかったぁ。

イワシのつみれ汁も好評でした!

富山は魚介が豊富で安いです。

スーパーでかたくちいわしが30匹以上入って100円!

だったので、小骨を取ってつみれ汁にしてみました。

小骨は骨せんべえにしました。

そしたら、つみれ汁を飲む飲む飲む!!

魚介のダシが味噌汁に行き渡って、

1口飲んだ娘が初めてグットサインしてくれました。

ちなみに、つみれは口の中には入れてくれたけど、出されました。

でもさ、魚介の栄養が味噌汁に流れてると思うんだよね。

魚、間接的に取ってるってことにならないのかなぁ。

小骨取りはキッチンバサミと指でなんとかできましたよ。

こういう作業楽しいです。

子どもたちの夕飯食べてくれるかの基準は、テンションにある!?

テンションが上がっていると、子どもたちは食べてくれるような気がします。

インパクトのあるおかずや、食べ方、料理の出し方をした方が食いつきがいいです。


でも、毎日テンションの上がるおかずを作るのはとても難しい。

『メニューを考えるのも大変だし。』

こんなに悩むなら、夕食だけ食材宅配やミールキットを使ってもいいんじゃないかなと思うくらいです。

Kit Oisixなら主菜と副菜の2品ができるミールキットもあるから

私みたいに料理マンネリ、子どもたち食べてくれない人にとっては救世主だと思います。





ヨシケイも食材宅配してるみたいで、
「すまいるごはん」はお試し5日間できるから試してみようと考え中です。




晩御飯は苦痛でも、時々最高に楽しい時がある。

たとえ、魚や肉を食べなくても、

今日のおかずはバツ!!と目の前でされても、

最高に楽しい時があるので、

へこたれずに頑張ろうと思います。

めげずに、色んな食材を出していればきっといつかは

食べてくれるんじゃないかと希望をこめて

今日も私は飯を作ります。 皆さん、頑張りましょ!!!!

スポンサーリンク