団地シンプル

〜シンプルに生きたいシンプルじゃない人のブログ〜団地で子育て中の専業主婦。自分が暮らしやすい生活を目指しています。4歳の男の子と1歳の女の子育児奮闘中です。

2人目 1歳児娘の断乳レポート。


断乳レポです。

娘の断乳に成功したので、断乳レポします。

断乳で使ったグッズも紹介します。

娘の性格

1歳3ヶ月。

活発。小柄だけど、よく食べる。

自己主張激しい。

親が言っていることは大体理解している。

ベビーサインが少しだけできる。

断乳するきっかけ。

生理が始まった。

自分がよく熱をだした。

母乳パッドがなくなりそうだった。


この3点の理由から、断乳を決意しました。

事前告知なし!突然、断乳開始!

息子の時は、事前告知しましたが

今回は告知なし!

思い立ったが吉日で、断乳を決意した夜から開始しました。

断乳方法

とにかく、パイをあげない。みせない。触らせない。

パイにアンパンマンを書いて見せたら、

反応が薄く、パイと認識している感じでした。

なので、飲ませない。見せない。触らせない。方法で断乳しました。

すぐに触れないように、長袖のピタッとしたパーカーをパジャマの上に着ました。

ユニクロのエアリズムパーカー着てました。


息子の時は、アンパンマンの絵は効果的で、

見せたら愕然として、もうパイがなくなったんだと泣き出しました。(個人差あります)

母乳外来にはいきませんでした。

息子の時も行かなかったのと、

その時は、手動の搾乳機で搾乳していって、

トラブルがなかったので

母乳外来はいかずに、断乳チャレンジしました。

断乳レポ

1日目(寝かしつけ成功。夜間4回起きる)

寝かしつけの前に、ホットミルクを飲ませました。

少し泣きましたが、パイが無くても寝てくれたので、

安心しましたが、

そこから、12時 2時 3時 4時 と4回泣いて叫んで、寝ての繰り返しでした。

夜中に普段は起きない、息子も起き出して泣き、地獄絵図でした。

抱っこ紐とホットミルクで、ようやく就寝した頃には、朝でした。


ほぼ徹夜。

2日目(寝かしつけ成功。夜間2回起きる。朝方まで起きてた)

寝かしつけ成功しました。ただ横になるだけで、トントンもせず私の枕を占領して寝ました。

あまりの順調すぎて、このまま朝まで寝てくれるかもと、期待していましたが、

3時〜5時まで起床。

抱っこ紐、ホットミルクでも寝れず。

たくさん泣くので、このままじゃ息子も起きてしまうと思い。

リビングでTVを見せました。

娘のお気に入りの、おもちゃドクタードック。

私も大好きです。

結局、眠たいけど眠れなくなって、朝まで抱っこでした。

3日目(寝かしつけ成功。夜間2〜3回起きる。狸寝入りで寝る)

寝かしつけは、いつものように成功しました。

3日目になると、パイを欲しがるそぶりも見せません。

息子の時は3日目で、1晩寝てくれたので、また期待。

大きな泣きはないが、細切れで泣く。

あやしたり構うと、余計に泣くので、狸寝入りしました。

これが結構辛い。




4日目(寝かしつ手こずる。夜間起きず。朝まで熟睡)

寝かしつけは、必ず泣いて寝る。

しばらくすると、諦めて寝てくれるパターンになりました。

5日目(寝かしつけ成功。風邪をひいて不機嫌。朝まで熟睡)

5日目で、息子の風がうつって、不機嫌。

寝かしつけと、朝まで熟睡しましたが、

逆に日中が大変。

抱っこしか寝なくなったので、座れないのがつらい。

断乳すると病気になりやすいと聞いたけど、本当だった。

普通の風邪なのに、なかなか治らない。

現在、落ち着いたけど忍耐が試される。

現在、パイ欲しがりません。抱っこで寝かしつけ。

抱っこで寝かしつけが固定になりました。

時々、夜泣きますが、激しく泣くときはほとんどありません。

でも、まだ娘は手強いです。

私の隙をついてきて、あの手この手を要求してくる。

忍耐が必要です。

断乳で使ったアイテム紹介します。

寝かしつけにはプロジェクター


抱っこで寝かしつけの時は、娘のパイへの気をそらす時に使いました。



ワンワンブームなので、プロジェクターでワンワンを見せると、

一時的に泣くのが落ち着くので、その時に抱っこから布団に寝かせるようにしました。

記事はこちら↓

手動搾乳機


私は母乳が出やすいので、手動搾乳機で搾乳しながら断乳しました。

そうじゃないと、乳腺炎になって大変なことになるので、搾乳機は必須です。

断乳で疲れている自分に御褒美で、高カロリーな食事をしていたので(間食も)

パイははりやすかったです。

1日目で7回。 2日目で5回。

と、だんだん搾乳する回数が減っていくので、

どんどん搾乳しました。

手動の搾乳機は便利で、結婚式に招待された時にも使いました。

記事はこちら↓

スポンサーリンク