団地シンプル

〜シンプルに生きたいシンプルじゃない人のブログ〜団地で子育て中の専業主婦。自分が暮らしやすい生活を目指しています。4歳の男の子と1歳の女の子育児奮闘中です。

帝王切開の傷跡にアトレスケアのテープがおすすめです。

7月に帝王切開で長女(第2子)を出産しました。


長男(第1子)は予定日超過で緊急帝王切開になりました。
長女(第2子)は予定帝王切開で出産しました。

今回は、帝王切開の傷跡におすすめなテープを紹介します。


帝王切開の後、1番気になるのは傷跡が残らないか?でした。

私は傷口が残りやすいタイプです。
ケロイドになりやすい家系なので、姉も怪我の傷跡が残っています。

小学生の時に盲腸の手術をしました。
その時は、ケアも中途半端にしていたので傷口がケロイドになってしまい、後悔しました。

ケロイドとは?

外傷(けが)などにより皮膚に傷がつくことが原因で、その部分が赤く盛り上がった状態のことです。

メディカルノートから参照しました。
ケロイドについて | メディカルノート


* 第1子の時は、マイクロポアテープを貼ってました。

 
長男を出産した時は、半年間マイクロポアテープを貼っていました。
ケロイドにならないように予防していましたが、

テープ貼りがめんどくさい〜!!

入浴するとすぐにはずれるので、その都度貼り直していました。
地味にめんどくさいんですよね。
それで、結局ケロイドになってしまいました。


今回は絶対にケロイドになりたくない!


今回は事前準備をしました。

まず最初に、「ケロイドになりやすい」と産院の超寡黙な先生に相談しました。

ケロイドになりにくくなる裏技みたいなものはありますか?


寡黙先生は「ない!」っと食い気味に言われました。
そりゃそうですよね〜。聞いてみただけです。

なので、「頭の片隅に置いておいてください」とお伝えして手術を迎えました。


そしたら、寡黙先生は工夫してくれました!
(プロフェッショナルです!)

傷口を細か目に縫ってくれました。
そして、溶けない糸を使って(体に残っていても害の無い糸で)縫合してくれました。

傷口が広がりやすい体質の私にとっては、溶けない糸のほうが合っていたみたいです。


アトレスケアを貼っています。

f:id:zuzu445:20171226174133j:plain:w300
f:id:zuzu445:20171226174305j:plain:w300
産院で紹介されたアトレスケアです。

このテープは伸縮性があります。
透明で柔らかいフィルムみたいです。

引っ張りながら傷口に貼ると縮む力を利用して、
傷口が広がらずに、ケロイドになりにくくしてくれるテープです。

値段は少し高いですが、お試しで1回分は産院で頂いたので、使ってみることにしました。
テープは退院する時に、看護師さんに貼ってもらってそれからずっと貼っています。


アトレスケアは蒸れない。痒くならない。剥がれない。もちがいい。

f:id:zuzu445:20171226174321j:plain:w300
幅広のサイズもありますが、こちらは帝王切開の傷にはめくれやすかったです。

傷跡がケロイドにならないかはまだ分かりませんが、使って4ヶ月ですがケロイドにはなっていませんし、傷口も綺麗だと思います。
長男を出産した時よりも、傷口が綺麗です。

テープが薄いので蒸れませんし、水に強くて滅多なことで剥がれません。
説明書には、1〜2日で張り替えると書いてありますが、剥がれないので2週間使っています。


アトレスケアのデメリット

剥がすと粘着部分が残ることがやっかいです。
2週間使っているので、粘着部分が残って、擦らないと取れません。
毎日ではないので傷口をこすっても赤くなったりはしていないので、粘着で擦ってが傷口に影響はしていませんが、不快です。

ずっと貼っていると、テープが臭くなる。
長く持つからといって、テープをずっと貼っていると、傷口やテープが臭くなります。ヘソのゴマを取った時のような臭いがします。



まとめ

帝王切開の傷跡は、大きいのでケロイドになったりしたく無いものです。
緊急帝王切開の場合もあるので、自分が傷跡が残りやすいかどうか判断して、事前にお医者さんに伝えておくといいと思います。
退院後に、傷のケアまでお世話で忙しくて出来ないかもしれませんが、ケロイドになってしまったら綺麗にするのが大変ですし、テープは慣れてきたら3分くらいで貼れるようになるのでそんなに大変ではありません。
今までで、1番傷口の状態がいいのであと少しだけ使い続けようと思います。

スポンサーリンク