団地シンプル

〜シンプルに生きたいシンプルじゃない人のブログ〜団地で子育て中の専業主婦。自分が暮らしやすい生活を目指しています。4歳の男の子と1歳の女の子育児奮闘中です。

義両親が毒親で試し行動してくる件

私の義両親は毒親です。

こんにちは!毒義両親もちのすみこです!

今回は、夫の両親が毒親で色んなことをしてくるので私がしている対処法を紹介します。

毒親というと、どれくらいのレベルの毒親かというと

義両親が今までしてきたこと

・夫が分からないことがあって質問すると『そんなこともわからないの、バカじゃない?』とけなしてくる。
・親には、さからわないという刷り込みが完璧にされている。
・お金は出すが口もだす。
・息子(孫)の行事ごとには口出しするのが前提。
・機嫌が悪くなるとスーパサイヤ人のように見ただけで怒り爆発している感じを出してくる。
・自分の言うことを聞かない場合はあの手この手を次々と繰り出してくる。

結婚式からも毒親っぷりを発揮して、夫は私と板挟みになり大変でした。それでも、夫は親の前では怒ったり突き放したりせず、とにかく我慢していました。

結婚して、子どもができると孫フィーバーになりました。そして、とにかく孫に会いたい!顔を見せに来い!っと催促されることが増えました。

そして、突撃訪問してくることも多々あります。
事前連絡もなしで、来ちゃった❤️っと玄関の前に立つ義母の姿を見ると自己中心的だと日々実感します。

夫は義両親にとって思い通りに動かせるもの。

義両親の要望にはすぐYESで答える夫。
結婚当初は、その要望を仕事を理由に私に押し付けてくることもありました。

義両親がどうしてもやりたいことになると、夫がYESというまで、あの手この手で仕向けてきます。
考えさせないように色んな条件をつけて、圧力をかけてきます。

その度に夫と私は喧嘩になり、夫婦関係は悪くなります。

何度も、試し行動をしてくる義両親。

試し行動とは、幼児期に子どもがあえて親を困らせる行動をとることなんですが、義両親にも当てはまっていて驚きました。

義両親は、親があえて子どもを困らせる行動をとっています。
それを無意識で2人とも行なっているので、

正直めんどくさい!!!

実家だったらとっくに突き放していますが、夫も夫の兄弟も、完璧なYESマンなので、


子どもが親のご機嫌とりしてまーす!!!

兄弟たちは反論もせずに話を聞いてあげて、納得するまで対応している姿は尊敬しますが、正直子どもにさせることか!?っと思います。

そんな義両親に嫁の私はどう対応しているのか!?

ここからは、義両親に対する私の対応の仕方を紹介します。

まず、大事なことは夫と自分を切り離すことです。
夫ずっと義両親に試し行動されて振り回されてきました。経験値が違います。

夫の対処は子どもだからできるのであって、嫁の立場である私はできないことが多いです。

それは、逆でも言えます。夫ができないことは私ならできる場合があります。

なので、自分がやりやすい対処法をしていくことが大事です。それも、急激な対処ではなく徐々にレベルを上げて、こなしていく方が角がたちません。


私が義両親にしていること

・無駄な話は自分からしない。
・義母と2人きりになる時間を減らす。
・突然来る日が分かったら前後3日間は予定を入れる。
・夫は断れないので、断る時は直接私が断る。
・天気の話をする。
・『はい』とも『いいえ』とも言わない曖昧な返事をする。
・自分から連絡しない。
・義両親宅では休まない。
・義両親にされたことは日記に書く。
・会う時は必ず笑顔で接する。


以上、9つの対応をしています。私自身が義両親と会う時に頭の隅にいれて臨む感じです。

次は、9つの対応の詳しい説明をします。

無駄な話は自分からしない。

無駄な話は、私の1番の反省点です。以前は、無言の間が苦手で自分から話さなくてもいいことをベラベラと話していました。
義母は私が冗談で言ったことも本気に捉えてしまうので、無駄な話をしないようにしました。
義母から質問されたら答えるけど、必要最低限の受け答えに抑えて話をしました。

抑えて話をすることで、早口にならなくていいので逆に義母と落ち着いて話が出来たように思います。

義母と2人きりになる時間を減らす。

義両親宅へ泊まりに行く時は、みんなで買い物へ行ったりします。その時に義母と2人きりになるのを極力減らしています。
夫のそばを離れないようにしたり、義母とある程度の距離を置いて歩いたりします。

多分、義母にはバレバレだと思いますが、いい嫁キャンペーンは終わったので堂々と避けてます。

ここで単独行動してしまうと反感を買うので距離間を取りすぎないように気をつけてください。

突然来る日が分かったら3日間は予定を入れる。

義母が来るかもとの情報が入ったら、前日と当日と次の日はできるだけ予定を入れることにしています。
何時に来るかも分からないので1日つぶせるような所に行ったり、ママ友との予定を入れたりします。

お金のかからない時間の潰せる場所を考え中です。

夫は断れないので、断る時は直接私が断る。

夫にとっては大切な親ですから逆らうことは出来ません。
絶対に出来ないことをやらせようとしても大変ですから、断りの電話を入れる時は私からと決めています。

『すみませんが、予定が入っていて難しいです。』と直接伝えるだけで、表向きは納得してくれるので、適当に断っています。

天気の話をする。

これは、世間話ですね。
話に困ったら天気の話に逃げます。そして、フェイドアウト。
さらっと話を終わらせるのには、天気の話はもってこいです。

例えば、

私 『今日はいい天気ですね〜。』

義母 『そうだね〜。』

私 『いい天気だと水分もこまめに取らなくちゃですね。子どもたちに水飲ませてきまーす。』

これは強引ですが、こんな流れで使っています。

『はい』とも『いいえ』とも言わない曖昧な返事をする。

返事は大事ですが、質問されて明確な答えがない時は、曖昧に返事をします。
最小限の受け答えにしているので、『うーん。』『そうですかぁ』『分からないので夫呼んできまーす。』

会話の主導権を握らないようにしています。
私の発言が回り回って、義母の援護射撃になる時があるので本心は見せません。

自分から連絡しない。

前まではよくラインで子どもたちの写真を送ったりしていましたが、このこと↓があってから全て辞めました。

写真は夫が送ればいいし、余計な情報を義母に伝えたくないので連絡しないと決めました。

ラインをブロックしたりはせずにただ送らないだけです。それでも、思うことはあるでしょうが、考えても無駄なのでやりません。

義両親宅では休まない。

これは過酷です。
義両親宅へ訪問すると泊まりになるのですが、休まないことに決めました。

これは、夫から言われたことですが、義両親宅で私が寛ぎすぎて子どもの面倒をあまり見ていない。休んでいる。と義両親から言われたらしいです。

夫はリビングでお昼寝していて義母にブランケットかけてもらっているのに、嫁は休むなだそうです。


腹が立って仕方ないですが、子どもたちと遊ぶことで義母の顔も見ないですみますし、夫には評価されるので良しとします。

私だってゴロゴロしたい!!!

義両親にされたことは日記に書く。

義両親にされたことや傷ついたことは日記に記録しています。
そうすることで何かあった場合の証拠にもなりますし、それにブログのネタにもなります。

会う時は笑顔で接する。

上記のことを無表情で全てすると、なんて愛想のない嫁だわ!!っと怒られると思います。

なので、これらのことをする時は必ず笑顔で行動しています。

笑ってないと、やってられないのもありますが、ニコニコしているだけですから、安いものです。

義両親宅へ行くと、顔が筋肉痛になります。


義両親は夫を産んでくれた人。

義両親は私にとって他人です。いい関係を築きたかったですが、表面的にしか築けそうもないので、深い関係は諦めました。

夫にとっては大切な両親ですし、毒親で振り回されていても、見捨てられません。

なので、私は最小限の付き合いにして夫に任せることにしました。私はどう転んでも義両親にとって『嫌いな嫁』なのであきらめます。

幸い、義両親宅は遠いので毎日顔を合わせることがないのが救いです。

これからも付き合いは続きますし、義両親との対応を淡々とこなしていくことが私たち家族にとってはベストなことだと思います。

次回予告!

子育てしながら、誘惑に負けずにブログを書く方法を紹介します!

スポンサーリンク