団地シンプル 〜シンプルに生きたいシンプルじゃない人のブログ〜

団地で子育て中の専業主婦。自分が暮らしやすい生活を目指しています。3歳の男の子と0歳の女の子育児奮闘中です。

2018年の手帳はミニサイズのEDITで決まり

2018年の手帳が決まりました。

f:id:zuzu445:20180116102427j:plain:w300

f:id:zuzu445:20180116102713j:plain:w300
editの2018年1月始まり B7変型(ETB)を購入しました。



今年は小さいサイズに変更しました。

f:id:zuzu445:20180116102552j:plain:w300
4年前からエディットを使い始めていたのですが、1日1ページなので手帳が重いし分厚いのでもっと小ぶりなものを探していました。
でも、1日1ページは私にとっては必要なので、1日1ページだけどコンパクトなものを探していました。


ミニサイズにした理由

手帳を常に持ち歩きたいけど、自分の私物の持ち歩きを少なくしたかったからです。

子どもの持ち物が多いので、自分のカバンに入って軽いものがいいと思いました。
書く時間がなかなか取れないので、いつでもどこでもサッと書けるような身軽な手帳を探していました。

1日1ページの手帳にする理由

今後の育児記録として残したいからです。

手帳は振り返りにもなるので、息子と娘の成長を記録するのに最適だと思いました。
それに、保健師さんなどに昔の発達状況を聞かれても覚えていないことが多いので、やっぱり紙の記録が1番いいと思いました。


保健師さんの相談や、健診のこと、その時の育児の悩みなど自分の記録を持っておくと、今後専門家の方に相談するのにとても役に立ちます。

市や町の育児相談や健診の記録は、大抵10年経つと、処分されてしまうようなので、自分できちんと記録しておく、手元に残しておくことが大事だよと、アドバイスされたので、今後も記録していこうと思いました。

ちなみに子どもの気になったことや困ったこと保健師さんに相談したことは別のノートに書き出してあります。
まだ、全部書き出していないので、今年は過去の記録を書き出すのも目標です。

ミニサイズの手帳のデメリット

小さいので文字が書きにくい。
手帳よりボールぺンが大きい。
小さいので、よく見当たらなくなる。

この3つのデメリット以外は使いやすいと思います。
文字が書きにくいのは、使っていたら慣れてくるんじゃないかと思っています。

ボールペンは手帳サイズの小さいものを購入しました。細いけど書きやすいです。

まとめ

自分の生活が変わってきつつあるので、手帳も生活に合わせた使いやすい手帳をつかっていきたいです。
それに、書き方の工夫もしていこうと思っています。・
まだまだ、手帳に関しては模索中です。

スポンサーリンク