団地でシンプルな生活

団地で子育て中の専業主婦。3歳の男の子と0歳の女の子育児奮闘中です。ズボラな性格だけどシンプルに生きたい

夏野菜カレーで野菜嫌いな息子に野菜を食べてもらう

夏はカレーの頻度が多い

夏は、スタミナをつけるためにも、カレーが多いです。多いと週1くらい。

ただ煮込むだけなので、簡単にできるし、野菜もいっぱいとれるので、カレー最高です。


野菜嫌いの息子にはやっぱりカレーライスです。

最近は、野菜全般嫌!っというようになって、全然食べてくれません。でも、細かく切ってカレーにいれるとなぜが食べてくれるので、(時々嫌!っと言いますが)カレーには野菜嫌いをなくすパワーがあります。


簡単に作るためにスイッチを入れるだけの電気圧力鍋を使います。

パナソニックのマイコン電気圧力なべ SR-P37 を使っています。

これは、実家の母が結婚祝いでプレゼントしてくれたもので、カレーの時は必ず使っています。煮物やおでんも出来るので活躍しています。

電気圧力鍋のいいところは、具材を切って鍋に入れてスイッチを押すだけでいい所と、煮込みや保温機能が付いているので、その後の味付けが簡単にできる所。それから、ずっと鍋を見張らなくていいところです。

煮物の味付けも圧力をかけた後に、煮込み機能を使って出来るので味の調節もしやすいです。


作り方

  1. カレーの材料を切って、圧力鍋に入れますf:id:zuzu445:20160710142348j:plain:w300f:id:zuzu445:20160710142429j:plain:w300
  2. 低圧で8分間圧力をかけます。(圧力がかかるのと抜けるまで時間がかかるので大体40分程度かかりました。)

f:id:zuzu445:20160710142543j:plain:w300

  1. ズッキーニとナスなどの柔らかいものは圧力はかけずに、フライパンで焼き目だけつけておきます。f:id:zuzu445:20160710142817j:plain:w300
  2. 圧力が抜けたら(赤いピンが降りたら)カレールーを入れます。

f:id:zuzu445:20160710143004j:plain:w300
ジャガイモは十分柔らかくなっているので、低圧5分でもよかったです。大きめに切るなら8分でもいいかも。

  1. 煮込み機能で10分程度煮込みます。
  2. 完成

f:id:zuzu445:20160710143154j:plain:w300


暑いのでずっと台所に立ちたくない時に電気圧力鍋がいい

煮込み料理は食べたいけど、台所に立っていると暑いし、息子も相手して欲しくて泣き出すので、便利な電気圧力鍋を使って時間を有効活用したいと思います。