団地シンプル 〜シンプルに生きたいシンプルじゃない人のブログ〜

団地で子育て中の専業主婦。自分が暮らしやすい生活を目指しています。3歳の男の子と0歳の女の子育児奮闘中です。

片付けストレスを減らすためにおもちゃを減らしたら他にもいい事あった

豪快な遊び方をする息子


f:id:zuzu445:20160602141301j:plain:w300

1歳半の息子は、おもちゃのカゴをひっくり返して全部出してから遊びます。

いくら、カゴから必要な物を選んで出すんだよ。と言っても全然効果なし。もちろん片付けも今は出来ていません。1才半なので丁寧な遊びをしようというのも難しいですが。。

細かいおもちゃが多くて、おもちゃを投げたりソファーやテレビの後ろに隠したり、あったはずのおもちゃがどんどんどこかへ消えていきます。

丁寧掃除の時に、おもちゃが出てくることがしばしばあります。

この前なんて、ビニールのブロックが20個くらいソファーの下から出てきました。

夫も私もおもちゃの片付けがストレスになっていたので、思い切っておもちゃを一時的に減らすことにしました。

減らしたおもちゃ

おままごと用のおもちゃとぬいぐるみを別室の物置部屋にしまいました。
おままごとのおもちゃは、食器や食べ物など数が多くて、しかも、片割れしかないということが頻繁にあったので片付けました。
手作りのままごとのガスコンロも息子がサッカーの的当てに分解しようとしてたので避難。

ぬいぐるみは、そんなに遊んでいなかったし、好きなぬいぐるみを残して片付けました。



おもちゃを減らして自分たちはどう変わったか

まず、片付けが楽になりました。
部屋の隅に息子が隠したおもちゃも数が少ないのですぐに片付けられるし、
前は床一面におもちゃが散乱するとすごく散らかってる!っとストレスになっていたけど、今は数が少ないのでちょっとだけ散らかるだけなのでストレスが少なくなりました。


息子の変化

おままごとは好きなので、片付けたら出してとアピールしてくると予想してたけど、アピールはなく、置いてあるおもちゃでいつも通りに遊び始めました。
数日後、今あるおもちゃで色んな遊び方をするようになりました。

木の積み木は、サッカーの的になったり、机の上でホッケーのパックになったりと彼なりに遊びを作っていました。
考えて遊びを作っていたので、嬉しい反応です。


減らしたおもちゃは捨てる?

捨てはしません。

しばらくはこのままでいると思いますが、自分の体調が悪い時や気が向いた時に、サプライズとして片付けたおもちゃを出して遊ばせようと思います。
おもちゃがたくさんある環境で生活するよりも、たまにおもちゃを出してきて、新鮮な気持ちで遊ぶ方が息子も楽しめると思います。
おもちゃを減らすことで、部屋もすっきりするし、息子は飽きずに遊べるし、お互いにとって1番いい方法でした。

スポンサーリンク