団地でシンプルな生活 〜暮らしやすい生活〜

団地で子育て中の専業主婦。自分が暮らしやすい生活を目指しています。3歳の男の子と0歳の女の子育児奮闘中です。

1人時間は有効に使います。息抜きも大事。

息子を旦那に預けて、久しぶりに友人とランチ&買い物を楽しみました。

せっかくの1人時間なので、有効に時間をつかいたいと思い、ふと思いつきで集合時間の1時間前に目的地に到着するように家を出てみました。

早めに目的地に到着したので、時間つぶしに大きな書店に寄って、本や文房具を買いました。息子がいるとなかなかできない立ち読みも出来たので、それだけでストレス解消になりました。

早めに家を出て、時間つぶしをするのってこんなに楽しいものなんですね。

書店へ行ったり、雑貨屋さんに行ったり、カフェに入って日記を書くのも良さそう。

f:id:zuzu445:20160529222623j:plain:w300
※今日のランチのクロックムッシュ

1時間前行動したら、ストレスのない休日が過ごせたので満足です。

子育て中は1人時間を確保することが大切です。

私は3歳までは育児に専念したいと思っているのですが、ずっと子どもと一緒だと、いくら好きでも息が詰まってしまいます。なので、夫にも協力してもらって週に1回以上は1人時間を確保しています。
1人で数分過ごすだけでも、頭が空っぽになるし煮詰まらないのでいいですよ。私はよくコンビニのコーヒーを車の中で飲んで1人時間しています。


昔は休むと罪悪感がありました。

息子がまだ小さい時は、息子を預けて外出して遊んだりすることに罪悪感がありました。
母親失格のような気持ちになったり、でも今は預けて気持ちをリセットして、それから育児に専念すればいいと思うようになりました。
息子は私のイライラを素早く感じ取るので、自分が爆発しないようにガス抜きするのも子育てのうちだと思うようになりました。

夫に察してもらうのは無理なので自分から息抜き時間を申請しています。

夫は気を使ってくれるタイプではないので、自分から息抜きしたいとお願いしています。
お願いというとモヤモヤするので、申請と言っています。
夫が察してくれないのは少し寂しいですが、相手に自分の管理まで頼るのも自分勝手だと思うので、気にしないようにしています。

休みたいというのも勇気がいります。

息抜きしたいと夫にいうことは、勇気がいることです。
相手に嫌な顔をされたらどうしようとか、拒否されたら嫌だなとか色々考えてしまいます。
けど、自分は休みたいんだから、嫌な顔されたくらいでは私は気づかないふりをして息抜きにいきます。
リフレッシュした後、頑張ればいいのですから、皆さんどんどん息抜きしましょう!!

スポンサーリンク